トップページ
 

 


 


 

TOP


ハクのヘリ日記 2005.02

2005年2月27日(日)
ヒデさん NewフレイヤEX 調整 難航の一日・・・

本日は ヒデさんが 新品フレイヤEX エンジン調整 に難航されていました!
帰る頃には 調整が終了した様子でしたが、相当 苦労されていました。
しかし、これで 来週からは バンバン フライトされることでしょう!!
本日のハクは  ホバリングM の大会用練習をしていたのですが、
それを見た ススムさんが そのまま ホバリングM にトライ!
今まで やったこと無いらしいのですが、一度見ただけで、それをやれるなんて 素晴らしい センス! セイさんの ホバリングM は サスガ!というシロモノでした。
(写真は 横移動練習中のススムさん)
本日は 凍える寒さの中 9人が集まりました。
本日の気温 約2℃

2005年2月22日(火)
ブラウザ 未対応の方 すみませんでした




この度 ハクは パソコンの
メールソフト と ブラウザソフト を変更しようと思いました。
メールソフトは Thunderbird へ。 ブラウザソフトは Firefox へ。
新ブラウザ Firefox では、この 世羅ヘリ!サイト の表示が おかしくなり、
ちょっと 心配になって Netscape をインストールしてみたところ、Netscape では DHTMLソースが無反応でした・・・。
すみません。 今まで Internet Explorer しか 使用していませんでしたので、
他のブラウザで見たことありませんでした・・・。
というわけで、世羅ヘリ!サイト はしばらくの間、
Internet Explorer の方々に見ていただければと思います。
すみません。そのうち 他ブラウザでも 正常に見られるように 努力します。

2005年2月20日(日)
風と寒さと雪で ダベリングの一日・・・

本日は 風と 寒さと 雪の 為、2人が 早期撤退 ! ヘリなし 手ぶら の人が 1人。
ハクを含めて 3人が 車から ヘリさえ降ろさず、 フライトさせたのは、わずか3人だけでした。
(写真は 凍える寒さの中 新品 フレイヤEX ホバリング調整中の ヒデさん)
本日は 寒さの中 ダベリングがメインとなってしまったのが 残念!!
ダベリングテーマは 本年度から開始される ラジコンインストラクター制度 が多かったですかね。 そして 、 凍える中 14:00過ぎには 全員撤退!!
帰宅途中に トシさんとすれ違い、 「せっかく来たので 飛ばしてから 帰る!」 とのこと。結局 トシさんは 雪降る寒さの中 2タンク フライトされたそうです。
本日の気温 約0℃

2005年2月11日(金)
ツトムさん 1年ぶりの復活!!

本日は 1年ぶりに ツトムさん が 世羅ラジコンクラブ飛行場へ来られました!!
本人は ブランクを気にされていた様子ですが、 なんの、なんの!
ブランクを感じさせない その カン の良さに みなさん 驚いていました!
(写真は ホバリング中の ツトムさん)

一方 ハクは スラストベアリング 消耗の為、1タンクのみのフライトで 断念。
帰りに 最寄の ラジコンショップにて スラストベアリングを買って帰りました。
来週末には 新しいスラストにて 猛練習を!と 思うハクでした。
本日はアラレ が時折降る寒い中 7人が集まりました。
本日の気温 約3℃

2005年2月5日(土)
本日は 寒さの中 6人集まりました!!

本日は 合計6人の人たちと、ギャラリー1人 の合計7人の人たちが 寒さの中 世羅ラジコンクラブ飛行場へ集まりました!!
(シンさん、ノブさん、タカさん、カズさん、トシさん、ハク の計6人)

ハクは 本日 4/17 ヒロボーカップ 中四国地方大会 出場に向けて 大会用静演技練習を開始しました!! やっぱり 1に離着陸、2にホバリング !
といった 基本練習を頑張った一日でした。
本日も動画を撮影できましたので、
MOVIE ページにアップ予定です。
(写真は 午前11:00頃 のまだ3人しか集まっていない 寒さの中)
本日の気温 約 4℃

2005年2月1日(火)
NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」 にて ヒロボー紹介!!

本日の プロジェクトX 第163回は 「町工場・復活のヘリコプター」 というタイトルにて、我らが ヒロボー が紹介されました!!

テーマは ヒロボーの会社の歴史や ホビー用無線ヘリコプターの生い立ち等々。
農薬散布やら、自律制御といった 産業用無線ヘリコプターの開発秘話等でした。
人の役に立つということは大変素晴らしい事だと思います。
でも、ちょっとだけでも、現在のホビー用も紹介してほしかったですね。
なんせ、世界チャンピオンまでいるメーカーなんですから。

地域によっては、ラジコンヘリコプターが敬遠される場所もあると聞いております。
これを機にホビーヘリコプターの社会認知度も上がってほしいと思ったハクでした。



1